留学ウェブダイレクト
今すぐ資料請求
| ホーム | 最新の記事 | カレンダー | アーカイブ | リンク | QRコード |

SkyEduグローバルカレッジ「マレーシア留学の現地情報」


現地スタッフのSkyEduグローバルカレッジブログ
Singapore 2

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさま こんにちはこんにちは

日本では春が訪れ、梅の花が綺麗に咲く頃かと思います花Docomo118
こちらマレーシアではハイビスカスが国花として有名ですが、
街中でもあちらこちらで、咲いているのを見ることが出来ますちゅんDocomo_hart2

プレミアムタワーから学校までの道のりでも、ハイビスカスを見ることが出来ますスマイルonnpu


さて、本日は先日のシンガポールの続きをご紹介させて頂こうと思いますウインクペコちゃんDocomo71

シンガポールはとっても小さな国で、
東京の23区の広さとほぼ同じくらいだそうですプッheart

そのため、気合いを入れれば1日でシンガポールの観光地を巡ることが出来ますどこも!!!


まず、シンガポールは街が綺麗なことで有名ですkirakirakirakira
私が宿泊したホテルの周辺の写真がこちら

とっても綺麗ヤッタvぴのこ:)

しかも治安が良いのでこの辺りであれば、夜女性が1人で歩いていても安心だそうですクッキーモンスターheart

私がシンガポールに到着したのは夜だったのですが、
滞在予定のホテルの近くに素敵な建物サキ


思わずパシャリほっしぃ


営業時間外だったため、ホテルに着いて調べてみると
どうやらココはレストランバーが入ったダイニングスポットにたDocomo118

ということで翌日のブランチはココで決定わらう!!!

少しだけ日本食が恋しくなっていた私は、迷わず馴染みのお店"白木屋”
「いらっしゃいませ〜〜〜」とスタッフが元気よく挨拶をして出迎えてくれました:):)

定食の種類がたくさんあって、散々迷ったのですが


ばらちらし丼に決定!!!Docomo118

美味しかった。。。。ぐすんDocomo_hart2はーと


しっかりと腹ごしらえをした私には、この日1日しか時間がなかったため、
急いで街へ繰り出しましたDocomo119Docomo119Docomo118

まずはブギス・ストリート
アクセサリーや怪しい(笑)お土産屋さんがずらり


とても賑わっていましたわーいわーいゆう★



続いてはリトルインディア

名前の通り”小さなインド”わらうきらきら



スリ・ヴィラマカリアマン寺院

私が訪れた時には時間外で残念ながら中に入れませんでしたが、
カラフルなヒンドゥー教の神々や神聖な動物の像が印象的

これは入り口の天井 笑


女子が大好きなアクセサリーも街中にたくさん♪きらきら



続いてはチャイナタウン
この時期は丁度”チャイニーズニューイヤー”で、街は大賑わいわーい

すごい勢いだなぁと関心しておりましたが、
日本の元旦を思い出したら、納得が出来ましたkamuleハート

大きな通りの真ん中には今年の干支”羊”がびっくり




夕方にはマリーナ・ベイ・サンズの上のバーへウインクペコちゃんDocomo_hart4


眺めが最高です手

 


夕飯はシンガポール代表料理のチリ・クラブリラックマ


シーフード料理をたらふく頂きましたスマイルDocomo80



様々な民族が暮らす特色ある街々を練り歩くのは最高の時間でしたにたDocomo80おかお(幸せ)はーと

みなさまもマレーシアに来た際には、
週末を利用して是非、シンガポールへ足を伸ばしてみてくださいね顔ゆう★

それではまた、See you〜kamule
 
|11:45| 旅行 | - | - | posted by akane - -
Singapore

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさま こんにちはこんにちは

最近はジリジリと太陽の日差しを感じる日々が続いております晴れ
生徒さんと”今日も暑いね〜・・・”という会話を いつもしている気がしますふふっ。き


さて、そんな本日は
私が先週休日を使って旅行をした”シンガポール"をご紹介させて頂きますheartheart

まず、マレーシアからシンガポールまでの移動手段は
主に バス飛行機の2つ車

最近は格安航空会社が誕生したことにより、
マレーシア⇔シンガポール間の飛行機移動が、今まで以上により手軽になったようですにたstar

しかしながら、バスでの移動も未だ主流で、
週末を使ってシンガポールへ行く生徒さんの多くが
バスを利用していらっしゃいますわらうぴのこ:)

交通費用簡単に比較してみたいと思いますほっしぃ
※金曜日の授業を受けて、そのままシンガポールに向かい、日曜の夕方に帰ってくる計画を立てる方が多いので、
チケットは金曜発の日曜着で検索してみました
サキ

バス
所要時間:5〜6時間※渋滞状況により異なる
料金:往復239RM
出発地までの料金:約12〜30RM 電車orタクシー利用

※KL市内にはバスの発着場所が沢山あるので、KL Centralという一番大きな駅を選択しております。


飛行機
所要時間:1時間弱
料金:往復180RM
出発地までの料金:約25〜120RM タクシーのみorバス利用



と、それぞれのチケット料金だけを見ると、
一見飛行機移動の方が手軽に見えるのですが、
それぞれの出発地点までの金額が異なるので
おおよその料金はさほど変わらないかと思われます。

学校付近から空港までタクシーだけで移動するとなると
だいぶ高くなりますが。。


さて、早速ですが、今回はシンガポールといえば!!
のこちらの写真をお見せしたいと思いますおいしそうはーと



そうですマーライオン!!!!!!きらきら

そこまで大きくないのですが笑、やはり興奮しました手
シンガポールに来たんだ泣Docomo118と。


この日は休日だったので、観光客で溢れかえっておりましたしぶっ4もやもや




ここで気になるのがマーライオンの存在
何故ライオン?あれ?下半身は魚?。。。

ということで、マーライオンについて調べてみたのでご紹介を。


まず、11世紀頃、既に港町として栄えていたシンガポール島を目指して
スマトラ島の王族が航海した際に、
途中で海が激しく荒れたため、Docomo120王族の王冠Docomo120を海に投げ入れたところ、
不思議な生き物が現われ、その生き物のお陰で無事に島に着陸することができた。。

その生き物がライオンであると教えられた為、
その土地をサンスクリット語のライオンの町シンガプーラ)と名付けたそうです。

現在でもシンガポールの象徴がライオンであるのは、
この事柄の影響のようですね黒猫ぴのこ:)


新しい1ドルコインもマーライオンねこDocomo118


そして、シンガプーラと名付けられる前には
”海の街”と呼ばれていたため、
フランス語で”海=マー”という意味を付け加えてマーライオン。。
ライオンと海。。

ということで、下半身が人魚のように魚になっているマーライオンが生まれたとのことですおかお(幸せ)

しかしそんなにも前からマーライオンのデザインはされていたにも関わらず、
写真に映る像は国家が独立した後に建てられたそうですちゅんstar

そういえば、
1965年に独立したシンガポールは、
今年2015年、独立50周年記念で、街中に SG50 というポスター等が
貼られていたのを思い出しましたおい!!!

写真があったら次回載せさせて頂きますちゅん

では、今回はここまでにたにたDocomo80
See you〜ペコちゃん
|18:24| 旅行 | - | - | posted by akane - -
ブルー・モスク 2

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


 みなさま こんにちはこんにちは

早速ですが、本日は皆様お待ちかね(?)
ブルーモスクの内部を少しご紹介したいと思いますわらうkirakira

その前に…
ムスリムの女性は顔と手以外の肌を隠し、近親者以外の人には目立たないようにするため
ヒジャブというスカーフのような布を頭にまとい、長丈の衣服を身にまとっています。

もちろん学校の先生、近くのスーパーの店員さん達も
ムスリムの方は上記のような装いをされていますにたDocomo80


そこで、ムスリムでない訪問者の女性も
モスクに入る際には同じ様に顔、手、足以外は隠す必要があります。

ご安心くださいニコDocomo80
こちらのブルー・モスクではヒジャブマントのような上着を無料で貸し出しており、
私達もそちらを着て中を案内してもらいましたぴのこ:)

では、早速モスク内の写真をご覧頂きたいと思いますheart
まずは外観から。

ドンっエクステンション

本当にキレイです。大きいです。


こちらのブルーモスクのドームは世界で一番大きいドームだそうです。
入り口前にはこちらのモスクの歴史が書かれておりました:)



まずはこちらの受付で署名をして、ヒジャブ等を借りて中に入る準備をしますまばたきにゃん



早速、中へ…
 


ヒジャブとマントをまとう生徒さんの後姿はーと


白とブルーを基調にしたこちらのモスクはステンドグラスがとっても綺麗。。

 


約2400人収容可能なモスクです。

 


絨毯も素敵…


裸足で中に入るのですが、
廊下のタイルがひんやりとしてとっても気持ちよかったですおいしそうDocomo80

神聖なる場所なのでとても静かですし、心がとっても落ち着きましたkirakira


私のお気に入りの写真がこちら

こちらはトイレの入口の壁のタイル
とっても繊細でキレイだったので思わずパチリぴのこ:)


そして。
一緒に行った新入生2人はまだKL市内に訪れたことがなかったので、
ブルーモスクを堪能した後には、
そのまま電車でKLまでツインタワーを観に行ってきましたねこねこねこ

シャー・アラム駅からKLセントラル駅で乗り換え、
ツインタワーの最寄駅KLCCへ
:計4.1RM 所要時間は1時間弱

初めて女性車両に乗った私達
 

既に疲れきっていた私達は電車で爆睡してしまいましたが笑、
タワーの下のショッピングモールでご飯を食べ、暗くなるのを待ちました星空
 
           日の入り直前のツインタワー  と      夜のツインタワー
    

どちらもかっこいいにたDocomo80
私が以前こちらを訪れた時にはクリスマスモード全開でしたが、
今の時期は来週に控えているチャイニーズイヤームードで、とっても盛り上がっていました矢印上時々ウインクペコちゃん




途中ビジネスで訪れていたドイツ人達と話して、
マレーシアのおすすめスポットを教えあったりして、とても有意義な時間を過ごす事が出来ましたほっしぃほっしぃ

是非皆様も日本とは一味違う文化に触れるために
ブルー・モスク
是非訪れてみてくださいねあひょうパンダぴのこ:)


それでは 本日はこの辺でonpu03

See you〜
|11:10| 旅行 | - | - | posted by akane - -
ブルー・モスク

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさん、こんにちはこんにちは

マレーシアはようやく本格的に雨季が過ぎたのか、
先週は1週間に1度しか雨が降りませんでしたスマイル

毎日天気がよくて
にじ安心して洗濯物を干せる日々が続いておりますにじ


さて、本日は通称『ブルー・モスク』で知られている
シャー・アラムにあるマレーシア最大規模のモスクをご紹介致しますDocomo80

私はこの日、新入生2人と一緒に行ってきましたにたにへスマイル

まず、こちらのモスクの正式名称は
『Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah』
(スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク)

です。

長くて覚えられませんね。笑
そのため(なのか?)みなさんこのモスクの色の『ブルー・モスク』と呼んでいるのですね。

さて、モスクは日本ではあまり身近ではないのですが、
イスラム教の礼拝堂のことで、英語で『Mosque』と書きます。
キリスト教でいう教会のような場所ですねkirakira

礼拝堂にはイスラム教徒以外は入場できないのですが、
そのほかの場所を見学することが出来ます。
私が行った時には丁度いなかったのですが、日本語を話せるガイドさんもいらっしゃるようですニコDocomo80


イスラム教徒の方々は、週に1度金曜日にはモスクへ行き、みんなで一緒に礼拝をされるので、
金曜日はお休みですが、その他の日の営業時間がこちら

10:00〜12:00
14:00〜16:00

土日祝のみ17:00〜18:00も見学可能です


交通手段ですが、ガイドブックでは、
クアラルンプール市内(KLCC)からの行き方しか明記されておりません。

そのため学校からは、最寄の駅までタクシーで行き、
そこからKL市内まで電車で行き、下記の行き方を選択される方が多いようです。

         ◎KL市内の駅から電車で 約40分 2.5RM
          ブルーモスク最寄の駅「シャー・アラム駅」からタクシー 約10分 約7RM
         ◎KL市内の駅からバスで 約50分 4.2RM
          近くのショッピングモールで下車が可能。そこから歩くことも可能
だそうです。


どの行き方で行こうか検討をしていたところ、気づきました。
(KLCCまで出ると遠回りだ困る。。)
そこで学校から、一番近いバス停までタクシーで行き、そこからバスに乗ることにしました!!!

学校の最寄駅から少し離れた
【Setia Jaya Station:セティアジャヤ駅】までタクシーで向かいました。
:片道 18RM(1人6RM)

タクシーの運転手さんとお話をして、
バスに乗りたいんだ!と言って下ろしてもらったところがココ

駅の目の前でしたおかお(幸せ)



しかし、いくら待っても乗りたいバスが来ない。。。
一緒にバスを待っていた外国人の方も困っている様子でした。
彼らが何かに気づいて、手招きされる方へ行ってみたところなんと…

私達が待っていたバス停の下にもなんとバス停がぁぁ!!・・・汗

そちらの下のバス停が正しい乗り場だそうで。
正しいバス停からの眺めがこちら★★
 

ありがとう、見知らぬ方々。。_| ̄|○Docomo80

と、そこで待っていても目的のバスがなかなか来ない。
どうやら私達が上で来るはずのないバスを待っている間に、既に行ってしまったようです。。
かれこれ30分待ってようやく乗れたバスkamule

「シャー・アラムに行きたいのですが」
と控えめに聞くと
「うんうん!!乗りな!!」

バスの中はこんな感じ


気前よく乗せてもらって、あぁ〜一安心♪
と思っていたのも束の間。
こちらのバスには停留場の名前が一切提示されておらず。。
不安になった私達は
「どこで下りたらいいですか?」
と運転手さんに聞いたら、
「!!!!!もう過ぎたよ!!!」
って、えーーーーー!!!!!!!!!!!笑Docomo111Docomo111
向かいから同じナンバーのバスが来たタイミングで道の途中で降ろしてくれて、
そちらのバスの運転手さんに
「こいつらを乗せてやってくれ!」
とお願いしてくれて、折り返しのバスに乗せられる私達。もやもや

ようやく辿り着いて見上げたブルー・モスクへの感動は
想像以上のものでした笑


バスを乗り継がなくてはならなかったため、
結局タクシーを使ったので プラスで7.5RMかかったのは忘れることにします。笑


所要時間は待ち時間も入れて、2時間程。
一度KL市内へ出てから電車に乗ってもそれくらいかかるようですkyuハートニコ

一騒動(一つじゃないか!!)があってバタバタしましたが、
これもいい思い出おかお(幸せ)
この道を選んで行ってよかったなぁと思います星


りらっくま的なくまただココで一つ注意点りらっくま的なくま
シャー・アラムは広く、幾つかバス停があるのですが、
ブルー・モスクに一番近くのバス停で停まるバスについて
ガイドブックではU80,U65,U81と記載されているのですが、
実際はU80のバスのみがブルー・モスク近くのバス停に停まるバスだそうです

現地の方が教えてくれたので間違いないですクッキーモンスター
そして、私達もU65に乗ってしまったために乗り換えが必要となりました笑

訪れる際には皆様もご注意くださいわらう


と、本日はブルー・モスクに行くまでの珍道中をご紹介しました笑

え、ブルーモスクの写真はないの!?
という方、御安心くださいあひょうパンダぴのこ:)
本日はブルー・モスクの外観の写真でお別れです



本当に大きくてキレイでとても感動しましたにたDocomo80

次回は内観をご紹介させて頂きますほっしぃほっしぃ


See you soonサキ
|20:33| 旅行 | - | - | posted by akane - -
MALACCA 2

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさまこんにちはこんにちは

本日は前回に引き続きマラッカの観光ポイントをご紹介致しますあひょうパンダき


前回ご紹介したオランダ広場から、丘を挟んだ反対側には
文化的な雰囲気とは一変、ショッピングモールが並んでおりますペコちゃんペコちゃん




2008年にオープンしたマラッカタワー

Docomo120高さ110m 回転式の展望Docomo120
この日は日曜日で、マラッカタワーはすごく混雑していたので、
私は乗るのを断念しましたぐすん


独立宣言記念館
現在はマレーシアが独立をするまでの数々の絵画や、条約文等が展示されています。


サンチャゴ砦

現在は門と大砲のみしか残っていないですが、
統治はこの上にある丘が全て高い塀で囲まれていたらしいです!!!


この丘の上には セント・ポール教会
現在は外壁と墓石が残るのみですが、
  
ここで観る夕焼けがこれまた最高だという噂を聞いて、
時間まで待機をしましたおかお(幸せ)おかお(幸せ)


 
 
丁度良いところで雲が邪魔をしてなんとも寂しい結果ですが笑
何にも邪魔されずに空をずっと眺めるという、最高に贅沢な時間を過ごすことが出来ましたにたDocomo80
皆様もマレーシアに来た際には
マラッカまで足を運んでみてはいかがでしょうかわらうほっしぃ
それでは今日はここまでheart
See you~Docomo_hart
|10:44| 旅行 | - | - | posted by akane - -
MALACCA(マラッカ)

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさまこんにちはこんにちは

先日観光に行ったマラッカについて、
本日と次回の2回に分けて、ご紹介させて頂きますおかお(幸せ)kirakira



以前の日本人スタッフのブログ記事にも、度々取り上げられていたマラッカですが、

2008年に世界遺産に登録された街だということで、
私も行かないワケにはいかないびっくり
と早速1日使って行ってきましたわらうheart


まずはマラッカについて。

1400年にパラメスワラという
現在のインドネシアやフィリピン、マレー半島に大きな影響を与えた
シュリーヴィジャヤ王国の王子が、マラッカ王国を建国Docomo120

その際に彼が先住民に街の名前を訪ねたが、言葉を理解できず
『マラッカ』という木の名前を間違えて教えられ、
現在この街がマラッカと呼ばれているという説が街の名の由来だそうです。


500年以上の長い期間で、ポルトガルオランダイギリスに統治されていた街です。

小さな街なため、全て徒歩での移動が可能なのですが、
マラッカの街を歩くのは、複雑且つ濃厚なマレーシアの歴史をたどりながら、
ミックスカルチャーに触れることが出来て、とても刺激的でしたニコDocomo80

では、まずはジョンカーストリート周辺をご紹介
 
  
小さなお土産屋さんや、食べ物屋さんが並ぶ雰囲気は
まるで日本の温泉街のよう雰囲気を感じましたクッキーモンスターぴのこ:)

この通りを抜けると・・・

マラッカ川

まるでベネチア・・・とまでは言えないですが笑
宿泊されるなら、ゆっくりとした時間を過ごせる川沿いのホテルがおすすめですエクステンションきらきら

続いて
マラッカの顔 オランダ広場
キリスト教会や
かつてのオランダ総督公邸(スタダイス)に囲まれた広場ですスマイル

  
この朱色がたまらないのですおいしそうDocomo120



と、本日はこの辺でニコニコ
次回も引き続きマラッカのご紹介をさせて頂きますぴのこ:)ぴのこ:)


Have a good day〜♪
|19:43| 旅行 | - | - | posted by akane - -
The journey to Singapore-イミグレ&市内への移動編-

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさん、こんにちは


さて、前回の続きです。


列車は、ジョホールバル駅に到着し、そこで出国審査が行われます


と言っても、シンガポールに入国する人は、下車せず待っているとイミグレ職員と思われる人が乗ってきて、パスポートの入国スタンプの下に手書きで出国日を記入していくだけなんですけどね(今までで一番簡単な出国手続きでした)


これでマレーシア出国完了


次はシンガポールに入国です


列車は10分もしないうちに、シンガポールに到着


この駅で入国審査を受けます


ここから市内への移動は何通りかのあるのですが、今回、私は一番近いと言われている
Marsiling駅へバス950番で移動
(出口にはタクシー乗り場や、何駅には何番のバスといった情報が書かれたボードもあるのでチェックしてください。値段は1.1SSDでした)


Marsiling駅到着後、目的地までの切符を買って終了〜

(購入方法は、マレーシアとほぼ同じです)


あとは、電車に乗って目的地まで目指します


市内到着後は、1年ぶりのマーライオン再会や、マリーナサンベイズを満喫したのでした


鉄道の注意点はただひとつ。車内はものすごく寒いので、冬服を持参するのが良いと思います!!


ではでは。


1SSD=83円



|12:26| 旅行 | - | - | posted by rie - -
The journey to Singapore-移動編-

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/


みなさん、こんにちは


つい最近、シンガポールに行ってきたので、その内容をお伝えしたいと思います


一般的に、飛行機や長距離バスでシンガポールに行かれる方が多いと思いますが
今回私が利用したのは、マレーシア鉄道です


実は去年、東南アジアを周遊していた時、バンコク(タイ)〜クアラルンプール(マレーシア)は制覇しているので、今回のクアラルンプール(マレーシア)〜シンガポールでマレー鉄道全制覇です


さて、私の事情はさておいて、利用方法をお伝えしたいと思います


web(http://www.ktmb.com.my/)でチケットを購入しプリントアウトする
KL Sentral駅のKTMカウンターに行き、直接購入
(※webで購入させた方は必ずプリントアウトして下さい。紙のチケットがないと入れてもらえないようです。)

駅内のカウンターです。


当日、列車の出発時間30分前にゲート前に行き、ゲートが開くのをひたすら待ちます。

(プラットホーム1-2が待合場所です)


本当は寝台車を取りたかったのですが、システムエラーで何回やっても予約ができず、そんなことをしている間に、予約はどんどん埋まり…

結局シート席で、行ってきました(ちなみに片道34RMです。寝台は上段40RM下段46RM。webに値段表記してあります)


22時30分発(実際は23時15分発車。基本遅れます。)7時着(実際は8時過ぎてました。)


列車の中で寝て起きたらシンガポールに着いています。(ホテル代の節約にもなりますよ)


次は入国審査からシンガポール市内までの移動の仕方をご紹介します。


ではでは。

|14:32| 旅行 | - | - | posted by rie - -
行政新首都 プトラジャヤツアー!!

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/




みなさんこんにちは


先日、行政新首都-プトラジャヤにあるプトラモスク(通称ピンクモスク)へ

行ってきました。(関連記事はこちら
当初の予定では、電車を使って最寄駅まで行き、そこからモスクまでタクシーを利用しようと考えていましたが、駅に着くとなんと超格安ツアーの案内を発見!!

せっかくなので半信半疑、参加してみました。

まず、学校からはタクシーでKLセントラル駅まで向かいました。
所要時間約10分 料金約17リンギ(約510円)

そこから、KLIAトランジット線へ乗りPutrajaya Cyberjaya駅で降ります。
所要時間約30分 料金9.5リンギ(約285円)



改札を抜けるとすぐにこのインフォメーションが




なんと1人1リンギ(約30円)でBest of Putrajaya Tourに参加できる
との事

参加する場合は、自分の名前や国籍を登録用紙に記入し、

決まった時間(11:00 or 14:30)に
インフォメーションカウンターへ来てくださいと案内されます。
ツアーはバスでの移動、Putrajaya駅発着です。

私たちと同じ時間に参加したのはほとんどが観光客で、

タイ、チェコスロバキア、フィリピン
インド等の国籍の方たちと一緒のツアーでした。

時間になり早速集合、国籍で点呼を取ります



そして、バスに乗り込みます

バスは観光バスではなく、市営バスのようなバスでしたがエアコンも効いていて、

非常に快適です




移動中も、マレーシア人のSAMさんという方が、流暢な英語でプトラジャヤについて

案内をしてくれます

普通、旅行会社等にツアーを申し込むと最低でも1人50リンギ(約1500円)以上は

するとの事でした。
しかし、この行政主催のツアーは、お金の為ではなく、プトラジャヤをより多くの方に

知ってもらう為のツアーということで超破格の1リンギ!!なんだそうです



ツアーではさまざまな所へ連れて行ってくれます



Putra Mosque(ピンクモスク)




首相官邸




Perbadanan Putrajaya Complex




Putrajaya Ineternational Convention Centreから見える風景



約2時間半のバスツアー

途中トイレ休憩や、写真を撮る為の時間もとってくれるのでとても良かったです。


プトラジャヤへ行った際は、是非利用してみてくださいね




それではSee you soon

 

※ツアーの内容、料金等は変更される場合があります
1リンギ=30円換算

|12:38| 旅行 | - | - | posted by haruna - -
電車でGo!Batu Cavesへ!

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/malaysia-blog/



 みなさんこんにちは


先日、マレーシアの観光名所のひとつでもあるヒンドゥー教の聖地「Batu Caves」へ行ってきました
以前もこちらのブログで、Batu Cavesに関する記事を載せていますが(こちらこちら)、今回はタクシーを使わずに、無料シャトルバスと電車で向かいました。おそらくこの方法が一番低コストだと思われます

まず、学校から歩いて約20分のところにあるこのブログではおなじみのショッピングモール
「The Curve」へ向かいます。

The Curve内にある、IKEAに隣接しているIPCというショッピングセンター前から出ている
無料シャトルバスで「ケラナジャヤ駅」へ向かいます。

所要時間約20分。



ケラナジャヤ駅からは、電車でまずは「KLセントラル駅」へ向かいます。
2.4リンギ(約75円)



そこからKTM Komuterで、終着駅が「Batu Caves」の路線へ乗り換えます。
1リンギ(約31円)

ちなみに、理由は分かりませんが何故かBatu Caves 駅からKLセントラルへの帰りのチケット
2リンギ(約62円)ですのでご注意を!



そして電車で揺られること約30分。


↑着きました。↑


↓ここからはおなじみの光景です。↓






右端に見える長ーい272段の階段。

これ、結構急なんです。
みなさんゆっくり上り下りしていました。



頂上へ着いてからもまだ洞窟の中は続きます。





とっても幻想的な世界






ちなみに、最後階段を下りる際は、上るときよりも十分に注意してくださいね。急なので


まるで気分はインドに居るかのような体験が出来る「Batu Caves」
この方法だと、往復で交通費なんと7.8リンギ(約243円)と激安!!

学校からは、電車でも気軽に行けますので、是非行ってみてくださいね



それではSee you soon



※値段等は変動される場合があります
1リンギ=31円換算

|11:42| 旅行 | - | - | posted by haruna - -
<< | 3/6 | >>
最新の記事

Copyright © WORLD PLUS INC. All Rights Reserved.